« 石巻地域観光フォーラム | トップページ | 観光フォーラム大盛況でした »

「おくりびと」の経済効果

 東北近辺を舞台とした映画の経済効果を調べています。

 お隣の山形県では「おくりびと」が大ヒットしました。

 酒田市では、ロケ地となった建物が「NKエージェントビル」として観光地になっています。

 酒田市観光物産課の経済効果の試算は次のようなものです。

 平成21年4月のオープン以来平成23年1月31日まで、この建物への入館者数が15万9000人、それも80%が市外からの観光客とか。

 オープンからの22ヶ月間でこの入りですから、1日平均約240人もここを訪れていることになります。すごいですね。

 市外からの入館者のうち10%が宿泊客だそうです。

 観光物産課の試算では、宿泊客は宿泊料と夕食、土産代、施設入館料などを合わせて一人1万2000円を支出する、と想定してあります。

 一方、日帰り客は昼食代、土産代、施設入館料をあわせ4000円を支出する、としてあります。

 また、NKエージェントビルは見物者に一人100円の維持費の協力を依頼しているようです。

 これらを足して、約6億2千500万円の経済効果がある、とされています。

 NKエージェントビル、WEBの写真で見るとずいぶん古い建物のようです。維持費も結構大変なのだと思いますが、これだけの経済効果があればじゅうぶんでしょうね。

 映画の経済効果は、やはり何よりも映画のヒット度によるようです。

|

« 石巻地域観光フォーラム | トップページ | 観光フォーラム大盛況でした »

コメント

今月末頃、映画 二十四の瞳 のロケ地を見てきます。観光ツアーのコースに入っています。 経済効果を意識して見てきますね。

ヒット作を作るって、どういう事かなって考えたりします。
狙って作れるもの?  偶然? 何十万人が見たらヒット作と言える?
国内外の有名な賞を取る? 赤字にならない映画?と云う事でしょうか?

投稿: トマト | 2011年3月 7日 (月) 22時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」の経済効果:

« 石巻地域観光フォーラム | トップページ | 観光フォーラム大盛況でした »